カシミアストールはTOPKAPI

皆さんはTOPKAPIブランドをご存知ですか?


「宝物のおしゃれ」がメインコンセプトのTOPKAPIですが、大人の女性にとって
とても素敵なファッションライフを演出してくれそうです。


カシミアはとても心地よい肌ざわりで人気がありますが、TOPKAPIのカシミアストールは
世界でも最高品質であるとされるモンゴル産のカシミアを使用しており、自信をもってお勧めできます。


モンゴル産のカシミアは他の繊維よりあらゆる点で優れており、非常に高級なものです。


そのカシミアをTOPKAPIのカシミアストールは、なんと1枚に山羊1頭分100gを
使っているのですから贅沢ですね。


カシミア山羊1頭から100gと言うのは、本当にわずかな量で非常に希少価値のあるものです。


そして何といっても美しい上品な高級感が、カシミアの人気を不動のものにしているのでしょうね。


色は明るめのベージュカラーで、デザインも上品なヘリンボーン仕様、その暖かさはまるで
ブランケットに包まれてるようです。


これからの季節、カシミアストールの色々なオシャレな楽しみ方をしてみませんか?


首に巻いて寒い朝の通勤もふんわりと暖かく、真冬でもトレンチコートにもよく似合います。


またオフィスでも膝掛けとしてカシミアストールは大活躍!


貴方のオシャレなファッションライフに、是非TOPKAPIのカシミヤストールがお勧めです。

カシミアセーターはどうやってできる?

あの柔らかい肌触り、そして高い品質のカシミアセーターは、一体どのようにして作られているのでしょうか?


中国産のカシミア製品は、今最も品質が高いとされていますが、中国モンゴルで作られている方法を
紹介してみたいと思います。


最初にうぶ毛とりからですが、内モンゴル北方にある畜産農家の人々によって、カシミア山羊が毎年4月ごろに
脱毛する前に大きなクシを使い、手作業で行われます。


カシミア山羊1頭からは、一年間にたった約150グラムから200グラムのうぶ毛しか取れません。


したがってカシミアセーターを一着作るのに、カシミア山羊のうぶ毛が4頭分が必要となるので、
カシミアの希少価値が高いのもうなずけますね。


そして各畜産農家は取ったうぶ毛を仲買人に売ります。この中間業者に売り渡した段階ではまだ
うぶ毛、剛毛やカシミア山羊の種類(ホワイトカシミア、グレーカシミア、ブラウンカシミア)が
入り混じった段階です。ですので次に選毛という作業が必要となってきます。


うぶ毛と剛毛とカシミア山羊の種類の選毛が終わると、染色が行われます。


染色が済むと今度は糸に加工し糸の太さを設定する紡績が行われ、糸をより合わせて強度を高める撚糸(ねんし)
を行い、ようやくカシミヤセーターの原形を作る編立(あみたて)が行われます。


その後編立で出来た部品をつなぎ合わせるリンキング縫製(ほうせい)、カシミヤの風合いを
引き出す縮絨(しゅくじゅう)、そして乾燥&プレスを経て仕上げに移ります。


こうして検品包装され、ようやく私達のお目にかかれるというわけです。


大変な作業だと思いますね。しかしそこはさすがカシミアブランド、手が込んでるだけあって
高い品質と独特の柔らかさが世界中で愛されている所以ですね。

カシミヤのストールを大事に使おう

これからの寒くなる季節は、忘年会やクリスマスなどの行事が盛んになりますよね。


クリスマスはともかく、忘年会は何回もあるという人は結構いるのではないのでしょうか?


そんな時、女性の方々に、暖かくかつオシャレで華やかな雰囲気をかもし出してくれるカシミアの
ストールなどがお勧めです。


一口にカシミア製品と言っても、ピンからキリまであります。


どうせなら長く愛用できる上質な一枚を選びたいところですね。


カシミアのストールは、一般の洋服などの様に、流行によって後々着れなくなったりとか、
体型の変化により着れなくなったということはないので、大事に使うことによって一生使う事の
できるものだと思うんですよね。


そのためにも上質のカシミアを使ったストールを選ぶことが大事だと思います。


今年のボーナスが出たら、ちょっと奮発して思い切って購入されてはどうでしょうか?


では、実際にどんなカシミアストールを選べばいいのか見ていきましょう。


今では、色々な種類と品質のカシミアが出回っていますが、ファッションコーディネーターの
西山栄子さんもお勧めの、イタリアのロロ・ピアーナなどどうでしょう。


このブランド製品の特徴は、シルクとの混紡であるという事。柔らかい肌触りは勿論のこと、
しわにもなりにくいそうで、彼女いわく一生使えるそうです。


ストールの色についてですが、これは自分の好きな色を自由に選んでもらえばいいと思います。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。